TOLTS オンライン試験システム
機関の方 日本語学習者の方 よくある質問 TOLTSについて

TOLTS オンライン試験システム

利用規約

本規約は国立大学法人筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター日本語・日本事情遠隔教育拠点(以下「筑波大学」とします)が『TOLTS 筑波日本語テスト集』(以下「TOLTS」とします)を通じて提供するテスト(以下「本テスト」とします)のご利用者の方すべてに適用されます。


本テストの利用は、本規約のすべての条項に同意されることが条件となります。本規約をよくお読みいただき、内容を確認した上で本テストをご利用ください。


本規約において使用される用語の定義は、以下のとおりとします。


利用者 本規約に同意のうえ本テストをご利用する個人(本規約上では利用者と表記します)


実施者 本規約に同意のうえ本テストをご利用する団体および法人(本規約上では実施者と表記します)


本テストは、無償で提供されるものであり、営利目的での使用はしないこと。


本テストの実施は、原則として実施者の管理責任のもとに行い、実施に伴う責任は、すべて実施者にあり、筑波大学にはないこと。


実施者は、テスト結果の集計や公表にあたって個人のプライバシーが損なわれることのないよう十分注意し、倫理委員会が実施校に設けられている場合には、委員会の決定を遵守すること。


利用者または実施者は、テスト特性を十分に理解した上で、適切な利用をすること。


利用者または実施者は、テスト材料(試験問題、音声ファイルなど)の漏洩がないよう、管理には十分配慮すること。


本テストに関するタイトル、デザイン、その他著作物、肖像、標章、情報、データ及び表現にかかる著作権等の知的財産権、その他一切の権利は、筑波大学が有しています。テスト材料の第3者への一切の受け渡しはしないこと。


テストの信頼性を確保するため、受験者に点数を知らせること以外には、答えあわせをしたり、解説をしたりしないこと。


TOLTSを利用して研究論文を執筆した場合には、その旨を下記のように論文の謝辞等に明記すること。また、発表された論文は、筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター日本語・日本事情遠隔教育拠点に電子メール(jp-kyoten@un.tsukuba.ac.jp)で送付すること。


「本調査は筑波大学日本語・日本事情遠隔教育拠点のTOLTS(筑波日本語テスト集)を使用しました。

This survey was performed using a TTBJ (Tsukuba Test-Battery of Japanese) at the Center for Distance Learning of Japanese and Japanese Issues, University of Tsukuba.」


筑波大学は、本テストの利用を通じて取得した利用者の個人情報等をインターネットホームページ(http://www.intersc.tsukuba.ac.jp/~kyoten/privacypolicy.html)に別途定める「プライバシーポリシー」に従い取り扱うものとし、利用者および実施者はこのことに同意するものとします。


筑波大学は、利用者および実施者から提供された個人情報並びに試験結果やアクセス履歴等を、本サービスを提供する目的(本テストを適正に実施するために必要な調査などを行うことも含みます)のほかに以下の各号に定める目的で、利用することがあります。

(1)利用者の本人確認、料金、サービスの変更およびサービスの休・廃止の通知のため

(2)筑波大学所属の研究者による日本語教育に関する研究・開発のため(但し、利用者の個人情報を個人が特定できない形に加工した上で、統計処理等に利用します) 筑波大学は上記利用目的を達成するため、利用者の個人情報等を個人情報等の適切な取り扱いについて筑波大学と契約を交わした業務委託先に預託する場合があります。また、法令などに基づき裁判所・警察機関などの公的機関からの開示の要請がある場合、又は利用者から事前に同意を得た場合を除き、第三者への提供、開示などは行いません

0.101811s